キハ 66 運用 - 2021年これから消えていく? 気になる車両を追った【後編】

運用 キハ 66 【あと8編成残るのに】JR九州がキハ66.67形

運用 キハ 66 「鉄ネタ:大村線キハ66系の運用情報求む!(解決しました♪)」ヒカリノのブログ |

JR九州最古の国鉄型気動車が一部引退…2両編成のキハ66・67形 8月5日

運用 キハ 66 大村線、キハ66,67系撮影旅行

運用 キハ 66 「【他人の褌で相撲を取る話】 国鉄色キハ66,

運用 キハ 66 佐世保車両センターキハ66・67系配置表

国鉄キハ66系気動車

運用 キハ 66 キハ66国鉄急行色 大村線

運用 キハ 66 2021年これから消えていく? 気になる車両を追った【後編】

運用 キハ 66 「【他人の褌で相撲を取る話】 国鉄色キハ66,

運用 キハ 66 「鉄ネタ:大村線キハ66系の運用情報求む!(解決しました♪)」ヒカリノのブログ |

運用 キハ 66 実働46年、九州最古参の国鉄型気動車がついに引退…急行にも使われたキハ66・67 6月30日限り(レスポンス)

JR九州最古の国鉄型気動車が一部引退…2両編成のキハ66・67形 8月5日

九州鉄道情報写真館

軸箱支持機構はとウィングばねを組み合わせたDT36に類似した機構が継承された。

  • 希少な機関車が配置される機関区なのである。

  • まだ正式なキハ66・67系の引退はアナウンスされていないが、新車両の増備に従い、順次置き換えということになりそうだ。

  • さらに同年8月には2編成 5,11 が運用を離脱しへ廃車回送された。

キハ66国鉄急行色 大村線

近年の首都圏の通勤(近郊)車両はJR東日本、私鉄ともシンプルなので、受ける印象は大きく違う。

  • しかし、このルートは高速道路を含めて大きな自然渋滞が発生する区間がないので、安心して利用することが出来る。

  • 塗装は、国鉄一般色の2色ですが、国鉄急行色の塗分けが施され、窓周りが朱色になっています。

  • 実際の普通夜行「ながさき」は、旧型客車を連ねた編成でした。

3月ダイヤ改正、引退が残念な鉄道車両列伝

<いさぶろう・しんぺい>の特徴として、足元から天井までの大きな窓が設けられた展望スペースがあり、雄大な自然が楽しめます。

  • 充実した分、移動や待ち時間のため、かなり疲れがたまっている。

  • 本当は空港の土産物店などでは使わず、宿泊地や訪問先の近くで使えればいいのだが、取扱店が少ないので仕方が無い。

  • 「GO TO トラベル」キャンペーンの地域共通クーポンはホテルのチェックイン時に配布してもらったが、手続きに時間が掛かりフロントの人は大変そうだった。

「【他人の褌で相撲を取る話】 国鉄色キハ66, 67で夜行「ながさき」復活。」LEN吉のブログ | LEN吉の家

67形の2編成でラストラン企画を行うと発表しました。

  • これまで(今回の往路を含めて)注意されたことがなかったので驚いたが、家に帰ってホームページをチェックするとそのことがわかりやすく明記してあった。

  • 首都高は順調で、一般道に降りてからも流れは良く、バスはほぼ定刻で新百合ヶ丘駅に到着した。

  • 残存編成は3分の1になりましたが、いつまでも走り続けて欲しいです。

実働46年、九州最古参の国鉄型気動車がついに引退…急行にも使われたキハ66・67 6月30日限り(レスポンス)

連結をし4両編成でラストランが行われます。

  • やって来たのは「シーサイドライナー色」が揃った四両編成だった。

  • 開催時はまで乗り入れ。

  • いつ頃のダイヤを再現していたのかを探るのも楽しいですね。

【あと8編成残るのに】JR九州がキハ66.67形

そして両形式は共通運用なので狙い撃ちはできないと・・・ 編成数で単純計算すると15:6=約70%の確率でキハ66系がやって来ることになりますね。

  • バス乗車で、小銭の用意の心配が無くなる。

  • DW4・DW9・DW10(で採用)の新形大出力機関用変速機は、ベースのDW4が架装空間に余裕のない2軸駆動台車用であったことからいずれも変速機側に逆転機を内装しており、台車には小型化された減速機のみが装架される。

  • シートは、ドア横のみ固定ロングシートで、他は転換クロスシートになっています。

キハ66系近郊形気動車

GV-E197系は高崎エリアへの導入される予定で、この導入により、機関車・貨車特有のメンテナンス方法や運転操縦を廃し、効率的なメンテナンスが可能になるとしている。

  • 製造年 1974年〜1975年(現存車両数28両) 残る路線 JR九州:大村線、長崎本線など 国鉄ではキハ58系といった急行形気動車を1960年代に開発した。

  • 本来なら、特急よりも格下の急行用とするべき車両だったのかもしれないが、登場当時の国鉄では慢性的な赤字を抱えていて、特急として少しでも収益を改善しなければならなかった事情もある。

  • 4227D は何かのトラブルで遅れていると思われるが、JR九州の列車遅延情報にはその遅れは載っていない。

    関連記事



2021 tmh.io