Dish 猫 歌詞 - 猫 〜THE FIRST TAKE ver.〜

歌詞 dish 猫 Lyrics DISH//

歌詞 dish 猫 猫 歌詞

猫

歌詞 dish 猫 猫

猫

歌詞 dish 猫 猫 歌詞

DISH// 猫 歌詞&動画視聴

歌詞 dish 猫 Lyrics DISH//

歌詞 dish 猫 猫 歌詞『DISH//』

歌詞 dish 猫 あいみょん・DISH//【猫】歌詞の意味を解釈・考察【強がる彼の気持ちとは?】

歌詞 dish 猫 猫 〜THE

歌詞 dish 猫 猫 歌詞『DISH//』

【DISH///猫】歌詞の意味を徹底解釈!あいみょんが描く思春期のバラード。

歌詞 dish 猫 猫 歌詞

DISH// 猫 歌詞&動画視聴

12年後の志賀春樹役の小栗旬さんと 北村匠海さん演じる高校生の頃の『僕』が 大人になっていくにつれて当時の(高校生の時からの) 感情の変化や月日によって気づいていく過程が とてもよく表現されている映画でした。

  • 君がいない明日がどんな世界になってしまうのかを恐れる僕は、 いっそ夕焼けに飲み込まれてしまうことを望んでいます。

  • 作詞作曲 あいみょん 北村匠海『猫』歌詞の意味は?あいみょんが大人な北村匠海を表現。

  • いい意味で、家族ではないけど 家族のようにいつでも帰る家がある。

猫 歌詞『DISH//』

スポンサーリンク 歌詞 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 明日が不安だ とても嫌だ だからこの僕も一緒に 飲み込んでしまえよ夕焼け だけどもそうはいかないよな 明日ってウザいほど来るよな 眠たい夜になんだか笑っちゃう 家まで帰ろう 1人で帰ろう 昨日のことなど 幻だと思おう 君の顔なんて忘れてやるさ 馬鹿馬鹿しいだろ、そうだろ 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を君色に染めておくれよ 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 若すぎる僕らはまた1から 出会うことは可能なのかな 願うだけ無駄ならもうダメだ 家までつくのが こんなにも嫌だ 歩くスピードは 君が隣にいる時のまんま 想い出巡らせ がんじがらめのため息ばっか 馬鹿にしろよ、笑えよ 君がいなくなった日々は 面白いくらいにつまらない 全力で忘れようとするけど 全身で君を求めてる 猫になったんだよな君は いつかまたあの声を聞かせてよ 矛盾ばっかで無茶苦茶な僕を 慰めてほしい 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を君色に染めておくれよ 君がもし捨て猫だったら この腕の中で抱きしめるよ ケガしてるならその傷拭うし 精一杯の温もりをあげる 会いたいんだ忘れられない 猫になってでも現れてほしい いつか君がフラッと現れて 僕はまた、幸せで 作詞:あいみょん 歌詞の意味・解釈 1番 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 明日が不安だ とても嫌だ だからこの僕も一緒に 飲み込んでしまえよ夕焼け 楽曲では 「君」という大切な人を失った主人公の姿が、 あいみょんらしいまっすぐな言葉で描かれていきます。

  • 一人になってしまった現状を受け入れつつ、 強がって君のことなんてすぐにでも忘れてやると 自分に言い聞かせる。

  • もし、新しい「彼」がいないのなら、すべて投げ出してでも彼女に尽くすから…お願いだからそばに戻ってきてほしいという感情ですよね。

  • 楽曲を演奏しながらダンスを踊る、人気のダンスロックバンドです。

あいみょん・DISH//【猫】歌詞の意味を解釈・考察【強がる彼の気持ちとは?】

君がもしまだ誰のものでもなければ、 今度こそ精一杯、君のために尽くすから、 どうかまた僕の元へ戻って来てほしい。

  • 「何度聞いても泣ける曲」 話題になるのもわかりますね。

  • 落ち込んでいたって明日はまたすぐやってくるんですよね… こんなにも心は疲れきっているのに、朝はやってくるし、いつもの日常が訪れるんです。

  • 一緒に歩いた場所や、二人で買ったもの、 匂いですら愛おしく感じるもの… そんな思い出に浸る自分に嫌気がさしてしまうんです。

DISH//

この歌詞の中で『馬鹿にしろよ、笑えよ。

  • そんな北村匠海さんが演じた『君の膵臓がたべたい』を観覧したあいみょんさんは 思春期から大人への辛く苦い恋の結末を歌詞にしたそうです。

  • 『君の膵臓を食べたい』 すごく泣ける映画でしたね! 私的には桜良がまさか…の結末でしたが、 『君の膵臓がたべたい』というお互いの思いが強く感じられ、 こんな純愛映画があるのか…とハッピーエンドとは違う感動で 涙が止まりませんでした。

  • そして 君を失ったことを正面から受け入れられるほど大人ではない主人公は、 もう君の顔なんか忘れてやろう、なんてことを思い始めます。

猫 歌詞 DISH//( ディッシュ ) ※ tmh.io

そう思い込むことで、 君の存在にすがりつこうとする惨めで弱い自分をなんとか取り繕おうとしているのです。

  • ただ、自分の一方的な思いに気づき、 叶わないという現実に、絶望を感じるんですよね。

  • 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 明日が不安だ とても嫌だ だからこの僕も一緒に 飲み込んでしまえよ夕焼け だけどもそうはいかないよな 明日ってウザいほど来るよな 眠たい夜になんだか笑っちゃう 家まで帰ろう 1人で帰ろう 昨日のことなど 幻だと思おう 君の顔なんて忘れてやるさ 馬鹿馬鹿しいだろ、そうだろ 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を君色に染めておくれよ 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 若すぎる僕らはまた1から 出会うことは可能なのかな 願うだけ無駄ならもうダメだ 家までつくのが こんなにも嫌だ 歩くスピードは 君が隣にいる時のまんま 想い出巡らせ がんじがらめのため息ばっか 馬鹿にしろよ、笑えよ 君がいなくなった日々は 面白いくらいにつまらない 全力で忘れようとするけど 全身で君を求めてる 猫になったんだよな君は いつかまたあの声を聞かせてよ 矛盾ばっかで無茶苦茶な僕を 慰めてほしい 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を君色に染めておくれよ 君がもし捨て猫だったら この腕の中で抱きしめるよ ケガしてるならその傷拭うし 精一杯の温もりをあげる 会いたいんだ忘れられない 猫になってでも現れてほしい いつか君がフラッと現れて 僕はまた、幸せで. 猫の姿になった君でもいい。

  • 二人で過ごしていた家へ帰ることがこんなにも憂鬱で 歩くスピードすら君がいたときの速度に合わせてしまう。

あいみょん・DISH//【猫】歌詞の意味を解釈・考察【強がる彼の気持ちとは?】

「家まで帰ろう 1人で帰ろう」 「君の顔なんて忘れてやるさ」 主人公なりのちょっとしたカッコつけ。

  • 当たり前のことだけれど当たり前じゃない辛い出来事を 上手く表現しているあいみょんさんと、 後悔しながらも前へと進まなければいけないという北村匠海さんの歌声は 涙なしでは聞けませんでした。

  • 』しかないと思います。

  • そんな気持ちを打ち消したくて、僕は、 「君は猫になったんだよな」と自分に言い聞かせるけど、 やっぱりまた君の声が聞きたい、 ふらっと現れて褒めてほしいと願ってしまう。

Lyrics DISH//

一緒にいた彼女を手放してしまったという悲しみ… 何も考えられず、何もかも投げ出したくなる気持ち、わかりますよね? このまま僕も夕焼けの炎の中へ飲み込んでくれないかという切ない「彼」の心情がリアルですね。

  • 僕も一緒に燃える夕焼けの中に飲み込まれてしまいたい。

  • 〜 - The First Take Version 作詞:あいみょん 作曲:あいみょん 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 明日が不安だ とても嫌だ だからこの僕も一緒に 飲み込んでしまえよ夕焼け だけどもそうはいかないよな 明日ってウザいほど来るよな 眠たい夜になんだか笑っちゃう 家まで帰ろう 1人で帰ろう 昨日のことなど 幻だと思おう 君の顔なんて忘れてやるさ 馬鹿馬鹿しいだろ、そうだろ 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を君色に染めておくれよ 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 若すぎる僕らはまた1から 出会うことは可能なのかな 願うだけ無駄ならもうダメだ 家までつくのが こんなにも嫌だ 歩くスピードは 君が隣にいる時のまんま 想い出巡らせ がんじがらめのため息ばっか 馬鹿にしろよ、笑えよ 君がいなくなった日々は 面白いくらいにつまらない 全力で忘れようとするけど 全身で君を求めてる 猫になったんだよな君は いつかまたあの声を聞かせてよ 矛盾ばっかで無茶苦茶な僕を 慰めてほしい 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を君色に染めておくれよ 君がもし捨て猫だったら この腕の中で抱きしめるよ ケガしてるならその傷拭うし 精一杯の温もりをあげる 会いたいんだ忘れられない 猫になってでも現れてほしい いつか君がフラッと現れて 僕はまた、幸せで. こんな日も時間はどんどん進んでしまう。

  • 大切な彼女がいなくなってしまった今、 この先、明日(未来)にいいことがあるのだろうか? 辛い明日なら来ないでほしい。

    関連記事



2021 tmh.io